高度医療機器承認番号とは?

MENU

カラコンの高度医療機器承認番号について

今では、カラコン(度なし、も)は視力補正用コンタクトレンズと同様に、高度管理医療機器として薬事法の規制対象となっています。

 

日本では、この高度医療機器の承認がされてないカラコンは販売できなくなりました。なので承認されたカラコンには医療機器の承認番号があります。

 

それと、カラコンの商品名が違ってもこの承認番号が同じことがあるんです。それは元となる承認されたコンタクトが同じなんですね。

 

愛用者はぜひチェックしてみてくださいね。下記のような番号が製品のパッケージなどに記載されていると思いますよ。

 

番号について

番号の例:

 

21400BZG02345000

 

21400BZX02345000

 

最初の 2 が平成という意味で、

 

次の 14 が年数と続き、

 

00 が厚生労働大臣の承認。

 

それから、

 

BZXかBZY が医療機器で、

 

BZG は外国製造承認、となっているそうです。

 

最後の8桁のうち最初の5桁は承認の一連番号で、

 

最後の3桁はサブ番号なのだそうです。

 

 

あまり情報がないので参考までにご覧いただければと思います。

※ショップ・商品データについて
・ショップの販売条件の変更や当サイトの内容に間違いがある可能性もございますので、必ず該当ショップの販売条件・商品詳細を再度ご確認くださいますようお願い致します。

※カラーコンタクト(カラコン)について
・眼科医の検査・処方を受け正しく使いましょう。カラコンを愛用・楽しむために定期的に眼の検査を受けることも必要です。