高度管理医療機器等販売許可番号とは?

MENU

高度管理医療機器等販売許可番号について

高度管理医療機器等販売許可番号とは、
カラコンを含む医療機器販売業の許可を受けた販売業者がもつ番号です。

 

軽く説明しますと、カラコン着用によるトラブル(まちがった使い方や品質の悪い商品の使用など)多発により、厚生労働省は2008年7月にカラーコンタクトを視力補正用の通常のコンタクトレンズと同様に医療機器に指定し、薬事法の規制対象とする方針を決定しました。

 

その後、2009年2月4日に政令を改正し、11月4日の施行後にはカラーコンタクトが今までの『消費生活用製品安全法』ではなくて、視力補正用コンタクトレンズと同様に『薬事法』で規制されることになりました。

 

これにより、おしゃれ用の度なしカラコンが視力補正用のコンタクトレンズ(度あり)と同様に、『医療機器』としての規制の対象で扱われるようになりました。

 

なので私たちは、度あり・度なしカラコンは、薬事法上の医療機器販売業の許可を取得している販売店でないと、購入ができなくなりました。

 

それに、日本では、カラコン販売の承認基準もできて品質が保証されているカラコンしか販売されなくなりました。

 

・・・というところです。

 

トラブル防止にもですが、眼の体質?はひとりひとりちがうので眼科医に相談しながら使ったほうがいいですね。

※ショップ・商品データについて
・ショップの販売条件の変更や当サイトの内容に間違いがある可能性もございますので、必ず該当ショップの販売条件・商品詳細を再度ご確認くださいますようお願い致します。

※カラーコンタクト(カラコン)について
・眼科医の検査・処方を受け正しく使いましょう。カラコンを愛用・楽しむために定期的に眼の検査を受けることも必要です。