レンズの洗浄と保存方法

MENU

レンズの洗浄と保存方法

カラコンに限らず直接眼球に触れるコンタクトレンズの洗浄や保管方法は、目を健康に保つ上で非常に重要なことです。

 

近頃では不衛生なコンタクトレンズを使い続けたことで、例えば角膜炎などの重大な目の疾患を引き起こすと言われています。

 

アカントアメーバーという細菌が原因の角膜炎は、最悪の場合は視力低下や失明にもつながりますが、ほとんどがコンタクトレズの不適切な洗浄によって引き起こされることが分かっています。

 

まず、コンタクトレンズを洗浄するときに水道水は決して使ってはいけないのです。

 

水道水の中には通常は人体に無害な細菌が存在していますが、これらが角膜に侵入し繁殖すると現在では適切な治療法が確立されていない角膜炎を煩ってしまうのです。

 

カラコンを安全に楽しむためには、毎日の正しいお手入れ法を覚えておきましょう。

 

 

レンズの洗浄液は現在たくさんのメーカーからドラッグストアでは販売されていますが、厚生労働省が洗浄力のテストをして合格している洗浄液を用意しておくことをお勧めします。

 

しかし正しい使い方を守らなければトラブルを起こすことがあるため、洗浄液の働きを過信しないことも必要です。

 

 

正しいカラコンのお手入れ法は、まず洗浄液、保存液、レンズを保存するケース、清潔なタオルを用意します。

 

カラコンを外す前に、手に石鹸を付けて爪の溝や指、手のひらなど時間をかけて丁寧に洗いましょう。

 

特に近頃多い、長いスカルプチュアやネイルをしている指先には十分な注意が必要で、見えない雑菌が沢山付着しており、そのままレンズに触れてしまうとあっという間に菌の温床になってしまいます。

 

 

手を洗ったら水気が全てなくなるまでタオルで拭き取り、レンズを1つずつ取り外します。

 

手の上に乗せたレンズの上に洗浄液を数滴たらし、片面につき約10秒程度しっかりと擦り洗いを表裏行います。

 

この時、力を入れすぎたり爪先がレンズに当ってしまうと、破れたり破損の原因になりかねないので慌てず力を抜いて洗いましょう。

 

次に洗浄液ですすぎを行います。

 

洗浄で浮かび上がった汚れを洗い流すように、少しずつ手の角度を変えてすすぎましょう。

 

 

すすぎ終えたら、清潔なコンタクトケースに保存液を8割程度注ぎ込みゆっくりとレンズ入れますが、時間にして4時間以上置いた方が洗浄効果は高まると言われています。

 

コンタクトケースは数ヶ月に1回は新品に取り替えましょう。

 

使用中のケースは1日1回、洗浄液でレンズと同じように丁寧に洗って十分乾かしておくことが大切です。

 

面倒に感じるかもしれませんが、カビや雑菌が繁殖しているケースの中ではいくらレンズを洗浄しても意味がありません。

 

レンズの洗浄と保存方法関連エントリー

初めてのカラコン
初めてカラコンを着けたい方に見て頂きたい情報です。最近メイクの一環としてカラコンが流行していますが、選び方はご存知でしょうか。適切な使用方法を紹介しておりますので、興味をお持ちの方は当情報を役立ててみましょう。
カラコンの着け方外し方
コンタクトレンズを初めて使う方や使い慣れていない間は、装着の仕方に不安を覚えたり、うまく着けられず手間取ってしまう人も多いでしょう。当ページではコンタクトレンズの着け方と外し方をわかりやすく解説しております。
学校でカラコン
流行に敏感な学生は、学校にカラコンを着けてオシャレに学生生活を送りたいと考えているでしょう。自分に合ったコンタクトレンズを選ぶことで、自分に自信を持つアイテムにもなります。どのようなカラコンが人気で、活用しやすいものであるか掲載しております。
ハーフ系カラコンについて
人気のカラコンでハーフ系の顔立ちに変身できることはご存知でしょうか。ハーフ系の印象にアイテム一つで簡単に変えられる方法やコツを知りたい方はお見逃しなくチェックしましょう。カラコンの選び方はこちらから公開しております。
アイメイクとカラコンについて
アイメイクとカラコンを一緒にする場合に、カラコンを装着するベストなタイミングがあります。今まで自己流で行っていたという方に必見の情報となっておりますので、安全に使用するためにもお見逃しのないようチェックして下さい。
カラコン男子について
カラコンはもはや女子に限らず男子にも人気のあるアイテムです。カラコンで印象を変えられることから愛用している方も増えてきていますので、イメージチェンジをしてみたい男性にも必見の情報をこちらでお届けします。