韓国のカラコンは安全?

MENU

韓国のカラコンは安全?について

韓国のカラコンは安全なの?について

 

まず最初に、カラコンはレンズに色がついていますよね?グレーとかブラウンとか。

 

以前、この色素を表面につけたものやレンズ内から染み出る製品があるとかそれによるトラブルがニュースになってました。

 

ですが今では、技術進歩や製法の進化などで安全品質はかなり向上しているようですよ。しかも日本の医療機器承認番号を受けたカラコンも台湾や韓国の工場で多く生産されているようですし。今では色素も安全なものが使われているそうですね。

 

あと、韓国のカラコンも主流のサンドイッチ製法がほとんどで色素が流出しないようなつくりになってますね。KFDA規定に基づいて製造しているカラコンだけを販売している韓国カラコン通販もあります。以前問題のあった韓国の古い商品が流通してない限り問題は低いようです。

 

心配な場合は、日本の医療機器承認番号を受けたカラコンを選だほうがいいかもしれませんね。日本では承認されないと販売できないそうですよ。

 

■厚生労働省のページも参考に
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/
カラーコンタクトレンズを海外から購入しようとされる方へ についてです。

 

人気のカラコンRodeo(ロデオ)について

 

Rodeo(ロデオ)は超人気の発色もいい盛れるカラコンですよね。そのRodeo(ロデオ)はキャストモールド製法(今のところ2013/07) といってコンタクトの素材と着色料を機器に入れて混ぜてレンズを作る方法なのだそうです。キャストモールド製法は、薄くやわらかく、着け心地がいいといわれていますね。

 

Rodeo(ロデオ)のキャストモールド製法の安全性についてはDUEBA社で製造しているようですので、DUEBA社のサイトで確認してみてください。パソコンやタブレットが見やすいですよ。

 

 

■DUEBA社のソフトレンズについて
http://duebacon.com/renew/jpn/htm/sub02_01.htm
KFDA規定に基づいて製造しているそうです。

 

 

最後に、
カラコンの製法が安全だとしても雑な保管や使用期限を守らないなどは、どんなカラコンであっても、安全とは言えませんよね?楽しく愛用するためには守らないと気軽に買えなくなるとか不便になってしまうことがあるかもしれません。私たちも気をつけて使いたいですね。

※ショップ・商品データについて
・ショップの販売条件の変更や当サイトの内容に間違いがある可能性もございますので、必ず該当ショップの販売条件・商品詳細を再度ご確認くださいますようお願い致します。

※カラーコンタクト(カラコン)について
・眼科医の検査・処方を受け正しく使いましょう。カラコンを愛用・楽しむために定期的に眼の検査を受けることも必要です。